ホーム>長栄丸とは

長栄丸とは

長栄丸オフィシャルHPにようこそ

長栄丸は先代の父、大船長の岩瀬重男から御宿岩和田港では先魁けの釣り船として、

初のイサキ釣り&シマアジおよびカモシ釣りも外房ではパイオニア的存在を経緯してから

ヤリイカ・活きイワシを使ったヒラメ釣りも外房最初に始めしたとして時代の最先端の釣りを

開始した船宿です

その後は私こと息子の私、岩瀬勝彦が長栄丸の後を継がしてもらってからは

1996年からヒラマサジギングの時代を構築する

オフショアネット代表の木村 匠氏を頭にヒラマサジギングのネットワークを開設

大原港 松鶴丸 若英丸 岩和田港 長栄丸 川津港 新勝丸 良幸丸 5隻で結成され

ヒラマサジギングの時代を発展させた

開始してから、アシストフックの発案から実戦で証明して全国に広まり

現在ではアシストフットといえばグローバルスタンダード世界標準の領域に達してます。

2004年からは一つテンヤの発案、実戦、構築と開始する

世間では一つテンヤは大原港が発祥とされてるが、

それはメディアのうそ八百で隠蔽工作されてるのが事実

今でいう一つテンヤとディープの一つカブラは御宿岩和田港が発祥の地が事実です

証拠として、昔のブログですがシーサーブログにいまでも記事が存在してます

http://choei.seesaa.net/archives/200511-1.html

当時は次世代LTマダイと命名してたがネーミング受けがしなかったようです、、笑

その後、本船はルアー船ということもあって、新たに外房の楽しい釣りを目指して

2005年より海の王様マダイのタイラバに挑戦中

誰でも楽しめて、疲れず、真鯛はもちろんヒラマサ、ワラサ、根魚となんでも釣れるタイラバは現在

第二次タイラバブームで日本中で大人気となっており今後の展開に期待が高まっております

また最近ではディープタイラバの発展に全力で邁進中です

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

長栄丸船長 岩瀬勝彦

ページの先頭へ戻る